メニュー

コンサルタントコラム

  • マーケティング

葬儀社のWebマーケティング GoogleのAI活用がネット集客成功の鍵

【執筆者:

葬儀社6サイトの流入元

 

上の図は葬儀社6サイトの流入元を表しています。サイトにやってくるには、SNS、ポータルサイト、お気に入り、MEOなど様々な方法がありますが、葬儀社サイト6サイトの集客の80%は検索でやってきています。つまり皆さんにとって、自社サイトに人を集めようと思ったら、検索対策が必須ということになります。

検索対策には主に以下の二つがあります。

1.お金をかけて即効で検索上位を狙う=検索広告(リスティング広告)
2.お金をかけずに時間をかけて検索上位を狙う=SEO

どちらも同じくらい大切ですが、今回は一つ目のお金をかけて即効で検索上位を狙う「検索広告」についてお話をしたいと思います。

検索広告には主な広告媒体として、Google広告とYahoo!スポンサードサーチがあります。どちらも歴史は長く、より効率的に効果を発揮するために日々進化を続けています。共通しているのがAIを活用した広告配信の自動最適化です。なかでも特に2017年に“Mobile first to AI first「モバイルファーストからAIファーストへ」”を掲げたGoogleの進化のスピードは目を見張るものがあります。

Google広告は7000万個のシグナルを100ミリ秒(0.1秒)以内に分析する処理能力を用いていると言われており、ターゲット、タイミング、配信先などをその分析データをもとに最適化し最大の効果が出るよう広告配信を行います。
すでにこのAIをうまく活用しCPA(顧客獲得単価)やCPC(クリック単価)の低下に成功している事例も多々出てきています。

少し前まではキーワードごとにクリック単価の調整が必須でしたが、今AIに任せることがでます。「コンバージョンを取りたい」、「とにかく認知度をあげたい」、「クリックされるようにしたい」など目的やタイミングに合わせてマーケティング戦略を選択するというような、機械ではできない部分を我々Webマーケターが担います。

例)検索結果の最上位表示を狙う戦略
※一例ですので、すべての葬儀社様にとってこの設定が最適であるというわけではありません。
目標インプレッションシェア
広告の掲載場所>検索結果ページの最上位
目標インプレッションシェア>90%
上限CPCによる入札の上限1,5000円

AIはデータが命です。今からそのデータを蓄積し活用しなければ、時代に取り残されてしまいます。

船井総研は、Googleの定めている要件を満たした運用代理店です。なかでも優れた広告運用実績を行っている代理店として「Google Partnerプレミアランク」に認定されています。ひと月に一度Googleから最新の広告手法、プロダクトに関する情報提供がされていますので、私のコラムの中では今後、最新プロダクトについてもご紹介ができればと思っています。

お読みいただきありがとうございました。

コンサルタントのコラムや全国の葬儀社の成功事例が毎週届く!
メールマガジンの登録はこちらから↓↓
メルマガ登録
  • 無料経営相談
  • 講演依頼に関して

  • 通話無料
  • スマートフォン・携帯電話からもご利用可能
  • 受付時間:平日9:45~17:30/土日祝・年末年始を除く
葬儀経営.comサービスメニュー
船井総合研究所|水島芳将

水島芳将

2019年中途で船井総研に入社。前職から数えて10年以上、Web&デジタルマーケティングを中心とした集客支援を行っており、現在はエンディング、ブライダルなどサービス業のコンサルティングを専門に従事している。 Webサイト、SNS、Web広告、マーケティングオートメーションなどの活用ではCV(反響)数の増加だけに留まらず、受注や売上増に繋がる術を有しており、支援前後で受注率200%以上アップした実績が多数。中堅企業以上のクライアントからの信頼も厚い。ライフイベント(冠婚葬祭)のビジネス業界において自らのコンサルティングを通して多くのエンドユーザーの人生がより豊かになるよう、日々奔走している。

おすすめの記事一覧

執筆者一覧

年月のアーカイブ