メニュー
TOP > > 苧谷 和香葉

苧谷和香葉

船井総研に新卒で入社。
保育・教育業界のコンサルティングに従事した後、
現在は葬儀業界向けのコンサルティング業務を行っている。
業務効率化やCRM強化のコンサルティングを中心とし、
若手ならではの視点から課題解決を行なっている。
中でも葬儀後アフターフォローの強化、売上アップに強みを持つ。

葬儀社が、ただのシステム⇒”売上を上げる”システムにするためにしないといけないポイントとは!?

いつも葬儀経営をお読みいただきありがとうございます。 今回は”システムの活かし方”というテーマでお送りいたします。 システムを利用されている葬儀社様は、システムそのものをどのような目的で利用されていますか? 恐らく、”顧客情報の蓄積”をして顧客の一元管理をしたい・社内で共有できる仕組みが作...

続きを読む

葬儀社にとっての”デジタルシフト”とは?!葬儀社が行っていくべき初めてのデジタルシフト

いつも葬儀経営をお読みいただきありがとうございます。 今回は葬儀社のデジタルシフトがテーマです。   葬儀社にとってのデジタルシフトといえば、どのようなものをイメージされますか? デジタルシフト=紙の情報をクラウドで管理することをイメージする方も多くいらっしゃると思...

続きを読む

【基幹システムの変更・導入を考えている葬儀社必見】システム導入の際に”最初に”考えるべき点とは!?

いつも葬儀経営ドットコムをお読みいただきありがとうございます。 今回はシステムの変更や新規導入をご検討されている葬儀社様向けのコラムです。 突然ですが、今システムの変更や新規導入を検討されている葬儀社様はどういった理由で・どんなシステムを必要とされていますか? 「クラウド対応しないと既...

続きを読む

施行情報や事前相談情報が紙管理の葬儀社必見!今すぐ顧客管理システムを導入するべき理由

いつも葬儀経営をお読みいただきありがとうございます。 今回は葬儀社のデジタルシフトをテーマに、紙管理を止め顧客管理システムを導入するべき理由とその導入効果についてお伝え致します。   施行情報や事前相談情報など「過去の顧客情報を紙で管理している」葬儀社様は数多くいらっしゃ...

続きを読む

葬儀社が3回目のアフターコールで受注率を上げるポイント

皆様こんにちは。船井総研の苧谷です。今回も「アフターコール」をテーマに、アフターコールの3回目コールのポイントについてお話をさせていただきます。3回目コールのポイントは、ずばり“情報の記録を丁寧に行う“です。皆様、2回目コールは実施されましたでしょうか?まだの方はまずは2回目コールからポイントをおさ...

続きを読む

葬儀社がアフターの受注率を高めるための2回目コールのポイントとは?

皆様こんにちは。船井総研の苧谷です。今回も「アフターコール」をテーマに、アフターコールのポイントについてお話をさせていただきます。前回までの私のコラムはお読み頂けましたでしょうか?アフターの受注率を高めるための初回コールのポイントについて記載しているので、まだの方は是非お目を通していただけますと幸い...

続きを読む

葬儀社のアフター強化法 スケジュールを確認するだけで仏事系商品の受注率が大きく変わる?!

皆様こんにちは。船井総研の苧谷です。 今回も「アフターコール」をテーマに、仏事系商品の受注率を高めるポイントをお伝えさせていただきます。 ズバリ、仏事系商品の受注率を高めるためには、初回コールでいかに信頼を構築するか、そして49日法要のスケジュール管理を行い、それ以降のコールに繋げていく...

続きを読む

葬儀社が初回コールでお客様との信頼関係を構築する方法その②

皆様こんにちは。船井総研の苧谷です。いつも葬儀経営.comをお読みいただき誠にありがとうございます。 私からは「葬儀後のアフターコール」をテーマに、今回は初回コールでお客様との信頼関係を構築する方法その②についてお話をさせていただきます。 以前、「アフターコールは初回コールでお客様と信頼...

続きを読む

葬儀社のアフターコールは初回コールでお客様と信頼関係を構築することが大切

皆様こんにちは。今回からコラムの執筆をさせていただくことになりました、船井総研の苧谷と申します。いつも葬儀経営.comをお読みいただき誠にありがとうございます。 さて、私からは「葬儀後のアフターコール」をテーマに、今回は初回コールでお客様との信頼関係を構築する方法についてお話をさせていただきま...

続きを読む
  • 無料経営相談
  • 講演依頼に関して

  • 通話無料
  • スマートフォン・携帯電話からもご利用可能
  • 受付時間:平日9:45~17:30/土日祝・年末年始を除く
葬儀経営.comサービスメニュー
  • 無料FAX新聞
  • 資料請求

執筆者一覧

年月のアーカイブ