メニュー

コンサルタントコラム

  • マーケティング

葬儀社が分業化しながらシームレスに問い合わせに対応するために

【執筆者:

こんにちは。今号のコラムでは「分業化しながらシームレスに問い合わせに対応するために」というテーマでお送りさせていただきます。

 

生産性を向上しようとすると担当者の労働時間を施行だけに集中させ、そのほかの業務からは最大限切り離す必要があります。そうすると必然的に、コールセンターへの受電やアフターの分業など引継ぎが必要なものが発生します。そこで多くの葬儀社様では「問い合わせが来ても担当者じゃないとわからないし、お客様の満足度が下がってしまうから・・・」という壁に当たり、結局そのままになって休みが取れないなどのスパイラルに陥ってしまいます。これでは何も解決しません。

 

しかし、この壁こそが顧客情報管理とCTIを使うことで解消できます。顧客情報管理については、私たちの別のコラムで言及していますので今回は割愛します。ではCTIとは何なのか、まずはそこからご説明させていただきます。

 

CTIとはComputer Telephony Integrationの略で、名前の通りパソコンと電話を統合したシステムを指します。どのように活用されるのかというと、1年間で施行件数が545件から1,030件まで増加したにも関わらず、スタッフの増員がわずか2名のみ、という金宝堂の例でご説明させていただきます。金宝堂ではPCに顧客情報を入力すると、その電話番号から電話がかかってきた瞬間に、パソコンの画面に「〇〇さんから電話」と表示されます。そして驚きなのがなんと、kintone(サイボウズ社が提供する顧客管理システムを船井総研がカスタマイズしたもの)のその顧客情報がパソコン画面に表示されるのです。そうすることで電話を取る人が誰であろうが、その電話先の方が過去どのようにウチの会社と接触してどんな話をしたのかということが即座に分かります。つまり担当者じゃないとわからないと言っていたことが、誰でもわかるようになるのです。

▲画面例は株式会社シンカが提供する「おもてなし電話」。

 

このような形で、システムを活用することでお客様に対して満足度を上げる投資も行いながら生産性を高めているのが金宝堂なのです。

 

皆様もぜひお客様満足度を高めながら生産性を高めるために、システムの力を取り入れてみてはいかがでしょうか?

コンサルタントのコラムや全国の葬儀社の成功事例が毎週届く!
メールマガジンの登録はこちらから↓↓
メルマガ登録
  • 無料経営相談
  • 講演依頼に関して

  • 通話無料
  • スマートフォン・携帯電話からもご利用可能
  • 受付時間:平日9:45~17:30/土日祝・年末年始を除く
葬儀経営.comサービスメニュー
  • 無料FAX新聞
  • 資料請求

チームリーダー
赤荻透

北は青森から南は福岡までの葬儀社ご支援実績。特に東北や関東から中部エリアのご支援先が多く、ご支援先の規模は年間施行件数60件の葬儀社から1200件の葬儀社まで。
ご支援は、他社事例をご提案させていただきながら会議にて行うことを決定。実行するために業務内容や優先業務を整理し、スタッフのご意見もいただきながら進めていくスタイル。小さな成功体験を積み重ねながら、自発的に営業を行えるような組織づくりに定評がある。

おすすめの記事一覧

執筆者一覧

年月のアーカイブ