メニュー

コンサルタントコラム

組織や会社づくりも逆算した計画を立てる

【執筆者:

皆様の会社では中長期の経営計画を立てていますでしょうか?

弊社が推奨しているプレミアムコンパクト葬モデルをはじめ、家族葬専用式場を中心とした式場展開が主流となっている現在はひと昔前よりも出店を中心とした経営計画を立てている会社が増えました。

相談を受けた際に、そのような計画を一部拝見させていただくことがあるのですが、少し気になることがあります。それが、組織や会社づくりの計画についてです。

多くの会社では、施行件数や年商、営業利益等の計画が立っている一方でその数字を支える組織がどうなっているのか、そのレベルにするためにどんな取り組みが必要かというイメージが追い付いていません。

実際に健全に会社を伸ばしていく過程で組織の成長は必要不可欠です。

というよりは、組織自体が成長せず、年商規模ばかり大きくなっていくと会社が空中分解を起こす可能性が高くなります。

もちろん、人の成長の部分は数字では表しにくいため、「 計画 」と一言で言いにくいものです。様々な阻害要因に邪魔されたり、思いのほか成長する人が現れたり、読めないことが沢山あるからです。しかし、ここが無計画では上記のように年商規模ばかり大きくなっていき、筋肉体質ではない組織になってしまいます。

人間の身体もただ大きくなるだけで万能になれるわけではありません。競技によってどのような身体の使いかたをするのか、どの部位の筋肉をどのように発達させたいのかが変わる為、競技ごとにトレーニングメニューを変化させ、自分の望むところで高いパフォーマンスを発揮できるように身体づくりをします。

これと組織は同じです。単純に売上を上げることに特化するのか、利益体質の会社を作るのか、間接部門が機能的にデザインできている効率的かつ生産的な会社を作るのか、チャレンジを好む会社を作るのか等いずれも意識し、会社としての活動をしていかないとイメージ通りの組織になることはありません。

例えば、会社として3年で利益体質の会社を作りたいというイメージをもっていたとしましょう。そのためには、初年度で「会社として利益を上げるために必要な数字を公にする」2年目に「組織単位での損益を常に管理職が確認し、PDCAを回すような会議をルーティーンとする」3年目に「利益率の高い組織を表彰する」等、利益体質の会社になるための取組みをどの手順で進めるかという計画が必要です。

多くの会社の経営者様とお話する中で自社の社員にもっとこうなってほしいという話が出てきますが、9割の会社はそのイメージを実現するためのマネジメント施策を行っていません。もちろん、そのような状態では社員がイメージ通りに成長することはありません。

突然変異もあるかもしれないですが、結局経営者が思い描いたことに対して、行動した分しか会社は成長しないのです。

是非思い描いている理想の社員像や会社像に近づくような施策を計画に盛り込み逆算的に実施していってください。

コンサルタントのコラムや全国の葬儀社の成功事例が毎週届く!
メールマガジンの登録はこちらから↓↓
メルマガ登録
  • 無料経営相談
  • 講演依頼に関して

  • 通話無料
  • スマートフォン・携帯電話からもご利用可能
  • 受付時間:平日9:45~17:30/土日祝・年末年始を除く
葬儀経営.comサービスメニュー
  • 無料FAX新聞
  • 資料請求

チームリーダー
シニア経営コンサルタント
大道賢作

入社以来、葬祭業、介護保険事業、スポーツ施設を中心にコンサルティング活動を展開。
現在は5000万~数百億まで年商規模問わず数多くのクライアントを受け持ち全国各地で
わかりやすく実践しやすい「業績アップコンサルティング」 を行っている。

特に、チームリーダーを務める葬祭業における1億~10億クラスの
会社の業績アップマーケティングを得意としている。
物事を体系化することを得意としており、「現場」で仕入れた
鮮度の高い情報をもとに創る「業績アップの仕組み」はクライアントからも評価が高い。

クライアント企業からみて第三者であるコンサルタントという立場だからこそ、
「 常に最終責任者であれ 」という、尊敬する先輩コンサルタントから入社当初に
教えられた意識を常に持ち日々経営支援に取り組んでいます。
経営者の方の「 夢 」や「 想い 」を具現化できるよう、全身全霊でサポート致します。

おすすめの記事一覧

執筆者一覧

年月のアーカイブ