メニュー

コンサルタントレポート

2013年9月11日

3ヶ月でデビューする仕組みを作りなさい

【ブログ作者:

皆様の会社は担当者としてデビューするまでにどのくらいの期間を要するでしょうか?

長い会社では1年以上かかるという会社も多いのではないでしょうか?
葬儀社の売上の上限を決める要素は色々ありますが、その一つに

担当者の数×5件=受注件数

というものがあります。

5件以上担当を持っているという会社もありますが、その場合は
(1)施行におけるサービスレベルが低下していっている、
(2)アフターがおろそかになっている、
(3)今以上に売上を上げる余裕がない、
といった状況に陥っているように感じます。

担当者を短時間で教育することができると、
受注件数のアッパーを増やし、件数アップの取組を自信を持って行うことが出来ます。

では、どのようにすれば3ヶ月デビューが可能になるのでしょうか?

私のご支援先で3ヶ月デビューをすることに成功している会社は

(1)動画マニュアルを作る
(2)デビューの日程を決める
(3)テスト制度を作る
(4)ブラザー制度を行う
(5)行動分解チェックリストを作る

という5つのことをやっています。

葬儀社は環境的にどうしても、「見て覚えなさい」ということが多くなりますが、
それだけではなく「座学」をできる環境を整えるだけで、
簡単に3ヶ月デビューが可能となります。

これは仕組みさえ作ってしまえばどのような葬儀社様でも可能となることですので、
是非、皆様も実践してみていただければと思います。

光田 卓司

ブログ更新日
2013年9月11日
ブログ作者

コンサルタント光田 卓司に経営相談を申し込む

  • 無料経営相談
  • 講演依頼に関して

  • 通話無料
  • スマートフォン・携帯電話からもご利用可能
  • 受付時間:平日9:45~17:30/土日祝・年末年始を除く
葬儀経営.comサービスメニュー
  • 無料FAX新聞
  • 資料請求

コンサルタントを選ぶ

カテゴリー

業界人ブログ

年月アーカイブ