メニュー

業界人ブログ

2015年7月21日

心の筋力

【ブログ作者:

「受けとめ方」について学んだこと・・・ありますか?

それは何か?
「心の筋力」をつけるためのトレーニングです。

ご遺族に向き合う
余命短い方と向き合う
相続で争う家族と向き合う

相手の状態を知ったらまずは考えてみることが二つ。
一つは自分はどんな「立場」で
二つ目はどんな「焦点」で話を聴くか?

なぜそれが大切か?
傾聴、共感、ましてや励ますことは
そんなに簡単なことではないです。
もちろん自分の体験や経験からお客様と共感出来ることは大切。

でもそれには限界があります。
だからこそこの二つをしっかり自分に落とし込んだうえで
相手に合った「自己イメージ」作り上げることが出来て初めて
「受け止める」資格があるのだと思います。

難しいですよね。

だからこそ「心の筋力」トレーニングなんです。
でももし鍛え上げられたら、凄く楽になりそうな感じがしてきますよ。

小野寺 秀友氏 大手互助会の式場支配人を経て、2005年に株式会社アーバンフューネスコーポレーションに入社。現場担当を経てアフターサポート部門を立ち上げる。サポート件数は約2000件。また生前相談も約600件を行い、2014年にアフターサポートのアウトソーシング化を築くために、司法書士法人トリニティグループで株式会社トリニティ総研取締役に就任。その後葬儀社サポートとして人材研修やセミナー開催、集客戦略のコンサルティングをするためエピローグコンサルティング株式会社を設立。2015年2月シニアライフマネジメント協会代表理事に就任。 http://www.seniorlifemng.or.jp/
  • 無料経営相談
  • 講演依頼に関して

  • 通話無料
  • スマートフォン・携帯電話からもご利用可能
  • 受付時間:平日9:45~17:30/土日祝・年末年始を除く
葬儀経営.comサービスメニュー
  • 無料FAX新聞
  • 資料請求

年月のアーカイブ