船井総研
メニュー

業界人ブログ

2016年5月16日


遺族とは誰のこと?

【ブログ作者:

「遺族に寄り添うことが大切」

ではその遺族ってだれのことを言うのか??

辞書では「死んだ人のあとに残された家族」とある。

誰もがそんなこと当たり前と思うだろうけど。

でも僕はここで疑問がふたつ出てきた。

①それは何親等までの家族のこと?

②亡くなってからいつまでを遺族と呼ぶの?

このふたつとも定義があるわけではない。

強いて言うなら、

①悲しんでいる家族が遺族?

②悲しんでいる間が遺族?

では亡くなっても悲しくなかったら??

こんなとんち問答をするつもりはないが・・・

結局のところ、遺族と決めつけているのは意外と

周りにいる「関わる側」のほうなのかもしれない。

遺族の悲しみに寄り添うことは大事。寄り添い方を

学ぶことも大事。

しかし、もっと大切なことは相手の焦点に合わせた

関わり方を学ぶべきではないだろうか?

人は生きていれば必ず死別体験はすることになる。(家族に限らず)

その時そばにいてほしい人は自分の味方になってくれる人。

生き方を導いてくれる人。

もし、あなたがそんな人になりたいと思っていたら

遺族は悲しんでいるいるはずだという前提は持たずにいて欲しいです。

新たな一歩を踏み出そうとしている人の邪魔になりますから・・・

小野寺 秀友氏 大手互助会の式場支配人を経て、2005年に株式会社アーバンフューネスコーポレーションに入社。現場担当を経てアフターサポート部門を立ち上げる。サポート件数は約2000件。また生前相談も約600件を行い、2014年にアフターサポートのアウトソーシング化を築くために、司法書士法人トリニティグループで株式会社トリニティ総研取締役に就任。その後葬儀社サポートとして人材研修やセミナー開催、集客戦略のコンサルティングをするためエピローグコンサルティング株式会社を設立。2015年2月シニアライフマネジメント協会代表理事に就任。 http://www.seniorlifemng.or.jp/

  • 無料経営相談
  • 講演依頼に関して

  • 通話無料
  • スマートフォン・携帯電話からもご利用可能
  • 受付時間:平日9時~18時/土日祝・年末年始を除く
葬儀経営.comサービスメニュー
  • 無料FAX新聞
  • 資料請求

執筆者一覧

カテゴリー

年月アーカイブ