船井総研
メニュー

業界人ブログ

2015年12月18日


生前にお墓を購入しておく3つのメリット

【ブログ作者:

数年前に、「終活」という言葉が生み出されて以来、
その言葉自体を耳にする機会がとても増えました。
同時に、エンディングノートを始めとして、
生前に死後の準備をするという話題が身近になってきたことを感じます。

一般的には近親者が亡くなられてから
葬儀などの計画を進めていくものだと思いますが、
周りに迷惑をかけたくない、自分らしい葬儀をしたい、といった理由で
生前に相談する方も増えているのではないでしょうか。

終活の一環として、葬儀と合わせて
「お墓を建てる」計画を進めておくこともおすすめです。

◎生前にお墓を建てることは縁起がいい?

生前にお墓を建てることは縁起が悪いと考える方も中にはいるようですが、
生前墓は「寿陵」とも呼ばれ、長命・子孫繁栄・家族円満の
3つの果報を招く縁起がいいものとされています。

生前にお墓を購入しておく3つのメリットをご紹介します。

1. 時間にゆとりを持って決めることができる
死後いつお骨を納めるかについては、明確に決まっているわけではありません。
49日や、一周忌などのタイミングで納骨することが多いようです。

一周忌のタイミングで考えると一年の猶予があるとはいえ、
お骨が手元にある状態ですと、早く落ち着かせてあげたい、と
焦る気持ちも出てしまうかもしれませんが、
生前に準備を進めておけば、焦ることなく落ち着いて
気に入る落ち着き場所を探すことができます。

特に墓地探しから始める場合は長期的な計画が必要で、
建立までにかかる期間は一般的に半年ほどといわれています。
気に入る霊園が見つからなければ、
もちろんそれ以上かかってしまう可能性もあるでしょう。
こういった面からも、期限の決まっていない生前から進めておくと、
安心といえるでしょう。

ただし、公営霊園の場合は遺骨がないと
申し込み自体ができない場合があるので、注意が必要です。

2.気に入ったデザインのお墓に入ることができる
今までは先祖代々のお墓という意味合いが強かったために、
オリジナル性のあるデザインであることは殆どありませんでしたが、
近年では生前の趣味だったものを墓石の形にしたり、
好きな言葉や絵柄を刻んだりという人も増えています。

生前にお墓の計画を進めておけば、自分の目で確かめながら、
納得のいくデザインを決めていくことができます。

3.家族の費用的負担を軽減できる
墓石は相続税の対象外になるので、事前に建てておくことで節税対策になります。
また、お墓は決して安い買い物ではありません。

死後に計画を進めるとなると、資金を準備するにも
時間が限られてしまいますが、生前に支払いが済んでいれば、
そういった負担も減らしてあげることができます。

まとめ
主に時間や費用面でのメリットが目立つ生前墓ですが、
死後に残された家族は、遺品整理や葬儀、お墓に遺産などの事後処理と、
やるべきことが多くあります。
特に何も準備をされていない状態で急逝した場合は、
全てを並行して進めなければならず、悲しむ暇もありません。

お墓を建てるということは、自分の気に入るものにできるというだけでなく、
大切な家族の負担を軽減できる一助にもなるのです。

墓石コネクトでは、生前墓のご相談も受け付けています。
優良石材店が揃っておりますので、まだ具体的ではないという方も、
ぜひお気軽にご相談ください。

髙山 雄嗣氏 髙山 雄嗣氏
株式会社ファインズ タブレット事業部 主任
1988年7月27日生まれ。新潟県生まれの27歳独身。
小学2年生から体操を始め大学3年生まで現役としてプレー。
得意種目は自慢のフィジカルを活かした豪快なつり輪の十字懸垂。
最高成績として高校3年生時に北信越ジュニア体操競技選手権大会北信越ブロック個人総合6位と見事な成績をおさめるものの、大学時代は手首の怪我に泣かされ大学4年時にはほぼ現役を引退。
その後、日本最大手の建築塗装会社にて塗装職人として就職。一般的に現場責任者の親方になるまで5年かかる世界と言われる中、持ち前の愛嬌とフィジカルを武器に、わずか1年で親方職を任され将来を嘱望される。職人時代の記録として1ヶ月で最高3棟の塗替えを行う離れ業を行うが、もともと営業職希望入社した経緯もあり、営業マンになる夢をかなえるべく退職を決意する。
「渋谷×IT」をキーワードに転職活動中に営業職を募集していたファインズと出会い2013年4月に入社。業務用のタブレットアプリ(商品名:TAB FORCE)の開発・販売に携わり現在に至る。
導入実績としてこれまで携わった葬儀社数は個人・法人を含め110社を超える。大手から個人事業主に至るまで幅広く案件を受け持ち、お客様満足度NO.1を誇るコンサルタントに急成長を遂げる。
今後は現在全社を挙げて進行中の日本最大手の葬儀社へもっか果敢にアプローチ中。

  • 無料経営相談
  • 講演依頼に関して

  • 通話無料
  • スマートフォン・携帯電話からもご利用可能
  • 受付時間:平日9時~18時/土日祝・年末年始を除く
葬儀経営.comサービスメニュー
  • 無料FAX新聞
  • 資料請求

執筆者一覧

カテゴリー

年月アーカイブ