船井総研
メニュー

業界人ブログ

2015年12月02日


人生の地図を描く

【ブログ作者:

カーナビやインターネットのお陰で最近地図帳使わなくなりましたよね?

でもそのせいで道覚えなくなったと思いませんか?

地図もない時代、何日も歩いて目的地に到着できたり、
また原始時代は獲物を追って何日も歩き回りながらも
ちゃんと棲みかへ戻って来てました。
人間にはもともと「見当をつける」という脳力があるのです。
便利さはその脳力を衰退させてしまっています。

「だいたいこんなところかな」
と見当をつけることは安心に繋がります。

人生も同じなような気がしませんか?
自分自身のライフマップ。
大きく地図を広げて見当をつけて見ることも時には大切。

何か問題に直面したときも一度手元から離して
遠い距離から眺めてみると
実は他との関わりで解決できたりすることもあったりします。

「木を見て森を見ず」にならないように…
せっかく持っている脳力。「見当をつける」

狭い視野、知識だけでなく、
大きな立場から見ることで今までわからなかったことも
「わかる」ようになる。

エンディングノートもまずは
「人生の地図を描く」ところから始めるとワクワクしてきますよ。

小野寺 秀友氏 大手互助会の式場支配人を経て、2005年に株式会社アーバンフューネスコーポレーションに入社。現場担当を経てアフターサポート部門を立ち上げる。サポート件数は約2000件。また生前相談も約600件を行い、2014年にアフターサポートのアウトソーシング化を築くために、司法書士法人トリニティグループで株式会社トリニティ総研取締役に就任。その後葬儀社サポートとして人材研修やセミナー開催、集客戦略のコンサルティングをするためエピローグコンサルティング株式会社を設立。2015年2月シニアライフマネジメント協会代表理事に就任。 http://www.seniorlifemng.or.jp/

  • 無料経営相談
  • 講演依頼に関して

  • 通話無料
  • スマートフォン・携帯電話からもご利用可能
  • 受付時間:平日9時~18時/土日祝・年末年始を除く
葬儀経営.comサービスメニュー
  • 無料FAX新聞
  • 資料請求

執筆者一覧

カテゴリー

年月アーカイブ